平凡な日常に光を。

以前のタイトルは「はちのす日記」。

【断捨離】クローゼットを整理整頓。

画像はないが、出勤前の2時間弱でクローゼットの断捨離に着手した。

 

結果は

1・クリーニング屋に持参したハンガーとスカート吊るし:40本弱

2・捨てた衣類一覧

  カーキ色の夏用ジャケット1枚。

  正確にはスーツの上着だが、余りに布地の劣化が激しく。

  妙なしわが出来、それが取れないのである。

  ストレッチ素材だったから、ヘビロテしたものな。

  紺色のジャケット@夏用

  いつ購入したのか、果たして着用すらしたのか怪しい。

  惜しげもなく捨てた。

  黒のコーデュロイのジャケット@冬用

  もう10年くらいになるのだが、これも私にしてはヘビロテした。

  しかし、それ故なのだが、首と襟の部分の布地のへたりが激しく、ここ2年くらいでは1度着たかどうか、であったし、今年の冬は一度も着なかった上に存在そのものを忘れていたので「どうしよう・・・来年捨てるか」と思ったがこれまた惜しげもなく捨てることにした。

  千鳥格子のグレー基調のスカート@冬用

  上記コーデュロイのジャケットと同時期に購入。

  これも余りにヘビロテしたためか裾がほつれたりした。

  自分でまつり縫いなどしてしのいだこともあったが、上記同様、ここ1年はまるで出番がなかった。

  なので思いきって捨てた。

  苔色のスーツ@冬用

  多分一度着たと思うが、何せ「苔色」である。TPOを選ぶ。

  それと些細なことだが、ジャケットのボタンが気に入らなかった。

  躊躇わずに捨てた。

  黒のレーシーな感じの薄地のスカート 

  確か10年以上前に購入し、夏~秋にかけて大活躍した代物だが、体重増加で入らなくなり、長い間お蔵入りしていた。

  今は一番肥っているときより4キロは痩せているので多分入るとは思うのだが、上記の衣類同様、もう存在を忘れているような状態だったのでこれまら躊躇わずにゴミ袋にポイ。

  黒礼服のジャケットだけ

  20代の時に購入した礼服があって、それは体重増加に伴い入らなくなったので数年前ワンピースは捨てたのであったが、なぜかジャケットだけ捨てずに残っていた。

  多分まだ着用できるんだろうが、組み合わせに困るので捨てた。

  母からもらったワンピース2枚@夏用

  母が「もう着ないから」といって私にくれたものだが、結局捨てた。

  ごめん、母。

  母からもらったキタムラのバッグも捨ててしまったが、貴金属は取ってあるのでよしとしよう。

 

 とまあ、こんな感じ。

 ハンガーは断捨離とは言わないだろうが、クローゼットがスッキリしたから、結果としてはよかったのだろう。

 しかし、スーツ何枚持ってるんだ・・・私。

 今度はスーツの断捨離に着手しなくては。