はちのす日記

蜂蜜のように時には甘く、くまん蜂のように時には人を刺し。まあ、いわゆる愚痴置き場でしょうなあ。

【捨てるもの】ようし、午前中は断捨離したぞ【冬支度】

10月に入り、ようやく扇風機をしまうほどだらしない私。

ああ。

 

扇風機の掃除は夫にやらせた。

夫はこの手の機械類の掃除が大好きでかつ得意なのである。

ついでに冬用のガスストーブも掃除させたので、冬の準備は多分完璧。

電気こたつ用もその気になれば準備できる。

 

以前の自分なら絶対にあり得ない。

 

では、ということで、押し入れの掃除と自分の分だけであるが夏用と冬用衣類の入れ替えを7割がた済ませた。

洗濯やクリーニングに出さないとしまえない物もあるのでね。

 

今日の捨てるもの一覧。

画像はない。

1・トイレのつまり取りの棒?のような物

新しいものがあるのでもう不要。

2・何に使うか分からない長い柄が付いたブラシ

廊下でも掃除できるような長い物だが、一度も出番がなかった。

3・インナー類

タンクトップ数枚、カットソー数枚。

私はこの手の物は無印良品を愛用しているが、さすがに3年も着ると生地がヘタる。

それに、白地がベースだといくら洗濯してもシミだの落ちない汚れだのが目立ってくる。

なので、来年かなり購入することにはなろう。

4・夏用の薄い羽毛布団2枚

夫用と私用で2枚。

余りに薄すぎて寝ている間に全部どっかに飛ばしてしまうようなザマであったので、この際だから処分することにした。

そんなに使っていなかったが、自分には薄手のタオルケットの方が合っているように思う。

 

あと、処分を待っているのが

5・ハンパに高さのある鍋

6・マリメッコの傘

5と6については、金属ゴミの日に処分する。

 

5の鍋は鍋とボウルの数点の組み合わせで販売していたのだが、この鍋だけどうしても使いにくい。

煮物にも利用しにくいし、かと言ってこれで牛乳をわかして飲むのも、高さがあって使いにくい。

パスタも茹でられない。

6のマリメッコの傘は、傘の骨が折れる、曲がるという致命的な症状なのでおしみなく捨てる。

傘のくせに結構な値段だったが仕方ない。

 

タンクトップ、カットソーの類も雑巾にして捨てればいい、などと思う方もいるだろうが、まず、その手の作業が面倒臭いし、雑巾に落してもしまう場所に困るようならこれもストレスになる。

だから捨てるの一番いいのさ。

 

 

 

 

 

実家の父が亡くなり、子供の私が受け取った金額

実家の父が2か月前に亡くなった。

昨日、ようやくお金関係の手続についてあらかた終了した。

相続に伴う名義書換やら、死亡保険金や入院保険金の請求などは終わり、後は細々とした物が今後出てくるやもしれんが、まずは一安心である。

 

で、長女の私が受け取った金額だが。

実は相続に係るものは23000円だけである。

父死亡時、父が大切に持っていた財布の中身を昨日母が見せてくれて、その中に47241円あった。

1万円札は1枚しかなく、5000円札が4枚、1千円札は17枚。後は小銭だ。

24241円は妹に上げて、私は23000円もらった。

後は、労働組合で請求した死亡弔慰金5万円。

これは相続じゃないな。

だが、父の死亡に伴い取得したお金である。

 

計73000円。

これで多分すべてであろう。

別に不満はない。

ただ、メモ書き代わりに残しておきたいと思ったまでで。

お金はセブン銀行にへそくっておくつもりだが、いつか使ってしまうだろうから、記録に残しておく。

 

 

それと余談だが、父のこの財布はジャンポールゴルチェだった。

龍の模様のある、いかにもいなせなあんさんが使いそうな黒革の財布。

70過ぎの田舎のじいさんが何でぢゃんぽーるなんぞ?と思ったが、どうやらこれは仕事であるお宅の片付けをしに行ったときに、おそらくそこんちの息子が使っていた物であろうと。

ゴミになるだけだったものを拾って使っていただのだろうとは母の弁。

 

父さんは、2年前、父の日に私が買ってあげた財布には触りもしないで逝ったらしい。

使えばよかったじゃないか、父さん。

しまっておいても何にもならなかったんだぞ。

使えよ。

入院した時に買ってやった下着も「高そうだからもったいない」って言って母さんにしまっておくように言ったそうじゃないか。

ダメだよ。

着ないで死んでしまったら何にもならないじゃないか。

お金なんて・・・貯めるためにあるんじゃないぞ。

使うためにあるんだ。

使える額を殖やしたいから、パチンコにハマっていたのかい。

バカだよ。

パチンコするくらいなら・・・・・もっと他に有意義に使えるところがいっぱいあったじゃないか。

なんて愚かな。

 

 

 

【捨てます】靴などもろもろ5点。

画像はないが、本日、以下の物を捨てるべくゴミ袋にポイ。

1・ズック靴。

数年前に3割引きで購入したが、ここ2年ほどは一度も履かなかった。

履きにくかった、というのもある。

靴の構造上の問題だと思うが、かかとが浮いて何か違和感があった。

2・スリッポン

無印良品で多分3千円しなかったと思う。

安さに惹かれて買ったが、底が薄く、歩くと腰に響くのが難点だった。

3・無印良品マドラス柄スカート。

仕事着として着たりもしたが、多分今年は2回くらいしか着てない。

だから捨てる。

4・5 23区のスカート2枚。

一つはバーゲンで購入。

太って入らなくなった時点で捨てればよかったが、意地汚く持っていた。

トップスにはセーターを着用していたが、セーターを着なくなり、出番が激減したのもある。

もう1つは、柄が気に入らなくて、タンスの肥やしと化していた。

これも今年、1度も履いていない。

スカート丈が微妙に短く、私には合わなかった。

 

勧められたものを素直を買う自分を改めなくては。

今年は服は買わない。

 

売ればいいんだろうが、その手間も面倒くさい。

 

【検証したい】節水の効果はいかほどに

実は、今住んでいるアパートの階下に水漏れが発生し、100%当方の過失でないと言いきれるのだが、現在水を自由に使える環境ではない。

 

修繕義務は当然大家にあるので私がどうこう出来ることではないし、早急に対応してもらいたいのだが工事は月末でないと無理とのこと。

幸いにも大家が空いている別の部屋の水道ガス電気を自由に使ってもいいということなので(無論、料金は向こう持ちだろう。そうでないと困る)ご厚意に甘え、風呂と大物の鍋類を洗う時、米とぎの時は別の部屋に移動してる。

 

しかし、同じアパート内とは言え、一旦外に出ないといけないし、移動がおっくうと言えばおっくうだ。

なので、風呂を使いに行く時米とぎも、大物の鍋も一緒に洗うようにし、それも1日1回だけにしている。

 

1日1回しか洗い物をしないようにするには、いかに水を使わず汚れを落とすか、ここが肝心であるが、あいにくと私には節水観念が皆無で水は使い放題であった。

これを機会に、水使用量をどこまで下げられるかやってみたい。

なお、洗濯も不可、なので現在は週2回、コインランドリーで一番小さい1回使用料500円のものを使用。

1週間に1000円。

この分も大家に請求できないかな。

 

「節水方法」で検索すると、まあ、出てくる出てくる。

聞いたことがあるのは「米のとぎ汁、野菜のゆで汁」は捨てないで、洗いものに使用する、だか、私が今試しているのは以下のとおりである。

 

1・お皿にはラップを敷いて使用する。

大皿の時に最大の効果が出るが、小皿にも使ってみる。

東日本大震災の時には断水したので大いに役立った。

ただし、食卓が味気ないものになるし、熱いものを入れるとラップが変質するので、そこはよしあし。

使い分けが肝心ではある。

2・洗う前に汚れを落とす

最初は新聞紙でざっと拭き取る。

ポイントは洗う直前ではなく、この鍋、皿はもう使わないな、と判断した瞬間に行うという点である。

大概はこれで7割方落ちるのだが、このままでいるわけにもいかない。

3・洗剤は付けて洗うがその後

水では濯がない。

キッチンペーパーで泡を落とす。

拭き取ると言うか。

新聞紙を使ってもいいが、白い皿には新聞のインクが付くので勧めない。

4・その後、水で濯ぐ

泡も汚れも落ちた状態のものを軽くすすぐだけ。

無論、水は下水に流せないので私の場合だが、一旦洗いに使用した水をバケツで受け、きれいなら次回の皿の下洗いに利用したりする。

使えそうになければ・・・・外に行って側溝に捨ててくる。

量にしておそらく1リットル未満。

汚水とはいえ、トイレのそれとは異なるので、多分誰にも迷惑はかかっていないはず。

 

水使用量が恐ろしく低下しているだろうな、というのが自分でも分かる。

洗った食器類を一旦かごに受けるが、その時の、ざるの下の水の量が目でも分かるくらい激減しているから。

以前の10分の1くらいか。

 

冬は洗い物は出来るだけしたくないので、この方法で行こうと思う。

水は使わないし、手は荒れないだろうで一石二鳥、セミリタイアの練習にもなる。

 

洗濯物を減らす=さらなる節水、と言うのはまた別に考えたいと思う。

一般的に言われているのは風呂場で下着は洗う、だろうが、あいにくその風呂場を使えない環境にある。

それと、洗顔時の節水は多分実践済み。

歯磨きの時の水は最初に口を濯ぎ、歯を磨き、口の中の泡を濯ぎ、歯ブラシ洗い、という一貫した流れがコップ一杯で済むように心がけている。

 

 

 

 

【捨てるもの】衣類3点【もう服いらないわ】

しかし、思う。

なんでこんなアホみたいに衣類があるんだろう。

一方、私は就寝時にレギンスにTシャツなので、いわゆるネグリジェ、パジャマの類は持っていないのだ。

今後はそういったものにお金をかけることにする。

 

で、捨てたもの3点の内訳。

1・無印良品購入のフレンチスリーブのシャツ。

マタニティ用なのに・・・なぜか全身パンパン。

いらねー。

※私が太ったとか、という意味ではない。

 

2・無印良品の紺色のロングスカート。

自宅にいるときはいいけど、外に行く時は下着をつけないと透けていかん。

こんなめんどくさいのはいらない。

更に、私は歩幅が普通の人より幅があるのかと思うが、このスカートはそういう意味では非常に歩きにくく、「キー!!」となったこと数回。

 

3・23区の黒のパンツ(冬用)

腰で履くタイプをなぜ選んでしまったんだろう。

私の嫌いな人が同じような衣類を着用しているので、出番はないと思われる。

多分2回くらいしか履いていない。

 

こんまりさんではないが、物は「ときめかなくなったら捨てる」である。

 

それと、私は昨年より5キロ減量したので今後、合わなくなった服が大量に処分されると思う。

エスト部分の減少が顕著で、ゴム付きのパンツですら、ベルトをしないと下がってくると言うザマだ。

これは喜ぶべきか、悲しむべきか。

私の姑のように「服は姪からのおさがり」「しまむらで500円で買ったTシャツの裾のレースをぶったぎって着てる」というのはあまりにもやりすぎであろうが、私はいずれ、仕事は早期リタイアする身。

服はきちんと考えて買いたい。

 

【捨てたもの2017】家具、その他もろもろ

画像はないが、今週水曜日の粗大ゴミの日に以下のものを処分。

1・ダイニングテーブル用の椅子2客

2・夫布団用マットレス

3・スーツケース

 

3のスーツケースは押し入れのこやしと化していた。

購入後10数年、一度も出番がなかった。

新しいサムソナイトのスーツケースもゲットしたし、不要である。

2のマットレスは・・・・ブリジストン製であるが、もう10年以上使用していて、可哀そうなくらいの状態だった。

新品を入手し、それを夫が使用しているので夫の許可を得て処分。

1については、これまた押し入れで不要となっていた物。

現在腰かけているものと同じ品であるが、とにかく狭いわが家でさしてしどころもなく鎮座増しましているのが鬱陶しく、今回処分でき本当に良かった最大のものである。

 

さて、次回はどんなものを捨てるかな。

先日受験したCFPのライフリタイアの試験が合格していれば問題集などは不要の長物。

もう袋に入れて、処分するその日を待っている。

あとは・・・・仕事に関する書類かな。

 

【捨てたもの2017】1・生ごみを入れる三角コーナー

正確には、捨てる予定、です。

もう使用していません、が正しいでしょうか。

金属ゴミの日じゃないと捨てられないので・・・・・

 

三角コーナー用の穴のあいた生ごみ袋(これすら使用していない人もいるんだろうが)だけになったら、三角コーナーを洗わずに済むのでとっても楽です。

ゴミは水切りして、新聞紙で包んで捨てるだけだし。

こんな感じで使わないモノはどんどん処分して、買わないようにしたいと思います。