平凡な日々に光を。

光あれ。例え鈍く、弱い輝きであったとしても。

【断捨離マラソン】98~105【再開・遂に100超】

三連休は実家の父の三回忌の準備のための買い物、および三回忌法要で2日がまるまる潰れ、休みは実質1日だけのようなものだ。

いや、主婦業は休みはないのだが・・・・

 

自分に対しての慰労と称して今日の午前中は道の駅の温泉に行くことにし、出発前の1時間弱を断捨離の時間に充てた。

 

98・赤の水性ペン1本。

経年変化によりつかなくなっていた。不要であろう。

 

カラーボックスに遂に着手。

 

99・オーストリッチ(ダチョウ)の財布。

これは105のペッカリーのポーチ共々、売却することにする。

財布の色は好きなのだが、財布が小さすぎてどうも使いにくいのだ。

 

100・リサラーソンの麻素材のエコバッグ。

宝島社のムック本で購入した際の付録。

私はリサラーソン好きであるが、バッグの存在を忘れるのはまた別の話だろう。

買い物袋として使用しているバッグはほかにあるので捨てた。

 

101・102

職場異動する方にいただいたブックカバーとフェイシャルマスク。

くれた方はとてもいい人なのだが、生憎とブックカバーは私の趣味に合わず、フェイシャルマスクは使用しないので長らく眺めていたのだが、もういいでしょう、3ヶ月も経ったことだし。

 

103・メガネ拭き

布製。

使用頻度が高くて黄ばんでいた。

代わりの物があるので捨てていいと判断。

 

104・脇の下が切れたTシャツ1枚。

今朝まで着用していたが脇の下に穴を発見。

縫い目がほつれていた。

シャツの色は緑色、補修はしない。

元々普段着として着ていたが首のあたりがよれっとなって、寝巻きに格下げしていたのだ。

雑巾にしてもいいけど。ハサミで作業するのが面倒。

サクっと捨てた方が早い。

 

105・ペッカリー素材のポーチ。

通帳入れとして使用していたが、どうも素材がもぞもぞしていてなんかしっくりこなかった。

革が高級そうでホント、使いにくい。

化粧ポーチとして使うのもなんか違うし・・・手放すことにする。

 

98と105は売れたら、老後資金の一部として寄せておく。

大して値段もつかないだろう。

 

【断捨離マラソン】強敵出現【一時中断】

一昨日の話しになる。

今ここを更新しているパソコンの前に2段重ねにしたカラーボックスがあるのだが、毎年掃除しているにも関わらず紙ごみおよびクリアファイルが増えて非常に使いにくく、棚ではなく単なる物置き場と化している。

ここを片付けましょ、と思ったのだが、テーブルの下を見て・・・・・はー。

溜息。

 

まあ酷い酷い酷い。

綿ゴミがたくさん。

綿ゴミだけではない。

アメだのチョコだの、食べ終わったお菓子のカラだの、米ベラだのが散乱しているのが目については・・・・掃除せざるを得まいて??

なくしたと思っていたダスキンの黄色い布も出てくるし。

毎月レンタルしているのだが、先日返却できずに216円を余計に払った代物。

 

ダスキンのモップでテーブルの下からゴミをかきだし、手で拾えるゴミは拾ってそのままゴミ箱に、細かいごみは掃除機で吸い取るのだが、その前にほうきとチリトリであらかたのゴミを回収し、仕上げに掃除機、と以下の作業を3回繰り返し、最後に雑巾で床を拭いて終了。

これで1時間強。

エアコンをしていない室内であるから汗がポタポタと床に落ちる。

その後、シャワーで体の汗を流し、着替えて出社。

 

わたし、多分本当は物がこんなに無くても生きていけるんだけどな。

どうして欲しくなるんだろう、と思う。

保管する場所もないのに。

 

断捨離作業は次の記事を書いたら再開。

 

断捨離、平日は1時間やるのが精いっぱいか。

午前10時半からの出社が3週間に一度は回ってくるが、その週の出社前の午前中2時間半をすべて片付けに充てるのは・・・苦行である。

やっても1時間半だな。

 

 

 

 

【読書】銀河英雄伝説外伝・螺旋迷宮(スパイラル・ラビリンス)【ネタバレ・OVAもいいよ】

4月に読み終わっていたのに今になって感想をアップだ。

 

自宅にある、夫曰く「雨ざらしにしてしまった」本は徳間文庫から発刊されていて、表紙絵も道原かつみなのだが、多分絶版なのだろうから仕方ない。

東京創元社からも出ていたか。

銀河英雄伝説外伝4 螺旋迷宮 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説外伝4 螺旋迷宮 (創元SF文庫)

 

 夫所蔵のその曰くあり?文庫本を借りて読む。

 

OVAを先に見ているので読むとアニメそのものだなあ、と感じる。

 

ここは夫の言葉を借りよう。

田中芳樹先生は創造主と一緒だね。銀河帝国や同盟の歴史を作り出しているもの」

夫は大学で第二外国語でドイツ語を取ったのか、単に第二次世界大戦中のドイツ軍のプラモデルに興味があるだけなのかは知らないが、私よりはドイツ語に堪能であるし、ドイツに詳しい。

と言っても詳しいのはその時代だけだが。

 

この作品はもう一方の主人公、銀河帝国側のラインハルト・フォン・ローエングラムが一切出てこず、従って本編のあらすじが分からなくても楽しめる作品。

私的にはルパン三世の「カリオストロの城」、機動戦士ガンダムの「ポケットの中の戦争」と同位置。

ルパンを知らなくてもガンダムの機種を知らなくても、楽しめる作品と言う意味で。

 

ミステリー調である。

同盟側のもう一方の主人公、「エル・ファシルの英雄」ヤン・ウェンリーが惑星エコニアにナンバー3として赴任することになるきっかけは、密告と言える内容の手紙であった、

曰く「43年前に戦死したブルース・アッシュビーは謀略によって殺された」説を唱える手紙が毎週火曜日に送られてくるのだ・・・・

 

赴任先では、その後ヤンを最後まで守って一緒に死ぬことになるパトリチェフとの出会い、ムライがヤンの上司として登場するなど、本編が分かった方がより楽しめると言う場面もあるが、分からなくても謎解きだけで十分楽しめる。

 

検索していてこんなものを発見した。

オーディオブック、かあ。

いいかも。

kikubon.jp

 

 

 

 

 

【日記】イモ部長は質の悪いクレーマーだと思って接する

題名が全てを語っているな。

出来は兎も角、私の仕事にケチつける奴はくたばっちまうがいい。

 

クレーマー対策と考えると、なにも恐れることはない。

 

面倒だか当分の間、一日の行動を全てメモして残しておく。

仕事内容も当然だが、イモに何を言われたか、恫喝を受けたかを記しておくのは自分の身辺を守るのに有効だろう。

 

残業させない手段もとるようだが、それには乗ろう。

但し、これはCFPの受験勉強の確保のためだから必要とあらば残業せねばなるまいが、ま、イモがいなければ何とでもなる話だからな。

 

イモ部長は嫌な奴だが、仕事の仕方を考え直すには例え嫌な奴でも今の私には必要なのだろう。

存在を両手を挙げて歓迎するわけではないのは最初に「くたばっちまうがいい」と述べた通り。

 

 

 

 

 

【断捨離マラソン】92~97、その他。

今日はガッツリ断捨離したる、と思っていたのだが、午前中、2時間も2度寝してしまってちと予定が狂ったが、午後1時半から3時半の2時間で以下の物を処分した。

 

92・アパレルブランドの紙バック

購入時に服を入れてくれるのだが、それが溢れんばかりになっていたので数枚を残して処分。

残りはブックオフに書籍を持参するとか、友人に物を上げるときとか、そんな時に利用したいと思う。

そしてまた袋は溜っていく。

93・賞味期限切れのりんごジュース2本。

もともと実家の母からいただいたもので、母もお中元かお歳暮で頂いたものだった。

飲む機会がなく処分。

賞味期限が切れて半年もそのままにしておくなんて、私も大概にすればいいのに。

 

94・未使用に終わった宅建の教材。

昨年、一時の気の迷いで受験しようと思って教材を購入したものの、現民法で受験できるのが今年が最後。

CFPの金融資産を合格し、CFP認定者にリーチかけたい身としては当分宅建の資料は不要・・・ということで処分。

 

宅建士はいつか取得したい。

少なくともこれで食ってはいけるだろう。

 

95・ボールペンの箱。

クロスのロゴが入っていたが、本体はおそらく使用中の物であろう。

出番はないだろうから惜しげもなく捨てた。

 

96・賞味期限の切れた稲庭うどん

5把入っていたようだが、食したのは1把。

賞味期限が切れてから1年半も経過していた。

多分、法事で頂いたものだったと記憶している。

 

97・これまた、賞味期限が切れた乾物類(しいたけ、昆布、カツオぶし)

これも多分、法事のお返しにいただいたものだろう。

うどんと同時期に賞味期限が切れていた。

 

その他、断捨離カテゴリーではないが、

  • 不要の段ボールと新聞紙、書籍類をまとめ、書籍のうち1冊はブックオフに売るため準備
  • 家計簿をつけた

【日記】残業なしの、天下御免の向こう傷

今日は残業するつもりで申請出した。

そこに部長がかみついてきた。

残業内容についてなのか、時間の長さに対してなのかは知らんが、今日は無茶苦茶忙しかったのだ。

しかし、保険のDMを出せるよう整えようと思ったらこのザマだ。

入院保険金請求とキャッシュカードの誤回数消去、投信購入と積立金額変更が一緒に来たのだ。

頭の中が飽和状態で通常業務か終わらないかと思ったくらいだ。

なので返答にも面倒くさくなり、「いいです、部長に説明する時間が勿体ないです。もう。残業しないで定時で帰宅します」と吐き捨てるように私も言ってしまったのだが、その勢いで帰って来た。

 

そして、喫茶店でアイスカフェラテとホットケーキ食っていま帰るとこ。

 

私も大人げないのは重々承知。

しかし、人のやる気をそぐのは天下一品だな、あの男。

私にそんな態度で接する以上、こちらにも覚悟があるからな。

数字しか見てない、見るところないんだろ、あやつは。

だったら、こっちもあいつを人間扱いしなくてもいいんでしょ。

はん。

 

しかし、これで、平日は残業しなくて済むな。

反ってよかったかも。